フランチャイズ展開される英語教室

重視される対応力と指導力

フランチャイズ展開をする企業は数多くあり、人に教えた経験のない方でも、教室開設にむけての研修制度が設けられているため安心して開設ができます。
多くは企業の用意するテストに合格した後、短い所で5日、長い所で3か月から半年の研修を経て開設となります。
対象とする生徒の年齢を高めに設定している所では英検2級以上とか、TOIEC700点以上などの英語力を高く設定している所もありますが、比較的低い年齢層の子供向けの教室の場合、生徒さんの様々な性格に対応した指導力やコミュニケーション力に力を入れて研修を行っている所が多いようです。
少人数の生徒さんに教える教室ですから、それぞれの個性に合った教え方ができます。
そのためにはどんな接し方をしたら興味を示してもらえるのか、集中力を持続するためにはどうするかなどのマニュアルも充実しています。

開設に対するフォロー体制

フランチャイズ企業と契約して開設する場合、契約金として、多い所で月謝の半分を企業に納める形になります。
その見返りとしては、開設準備中のマーケティングや集客アドバイス、開設後のフォロー体制(電話対応、場合によっては直接対応)が充実していることや、大手企業である場合は、そのネームバリューを活かした効果的な生徒の募集ができるメリットもあります。
また、企業によっては、生徒募集の応援費や開設準備金などを援助してくれると所もあります。
企業によって様々ですので、独自で開設するリスクと比較して、より、自分のビジョンに合った企業と契約できるようじっくり検討しましょう。
詳しい条件やカリキュラムについては、各社説明会を開催していますので、出席してみるとよいでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る